薄毛を治す方法

薄毛を治す方法はある!?

なぜ自分だけ若いのに髪が薄いと思ったことはありませんか?わたしはあります。すでに中学のときから髪が薄くて、同窓会で友達に会うたびに「髪薄かったよね」って言われます笑。

 

薄毛を治す方法を見つけてからは髪も太くなり、頭皮が透けることがなくなりましたが、これにいたるまで時間がかかりました。もしあなたが20代〜30代であれば薄毛を治すことができます。ここではわたしが実践して効果があった薄毛を治す方法を紹介しています。

 

Deeper3D THE SCALP 5.0C

容量 金額 全額返金保証
60ml 13,680円

・キャピキシル成分5%配合!(ミノキシジル3倍の発毛力)
・8種類の成長因子(再生医療にも使用される成分)
・モンゴロイド3大成分配合!
・特典でミニボトルが2つもらえる!
・ミニボトル使用で全額返金可

 

容量 金額 定額コース
80ml 15,000円 10,000円

・キャピキシル成分を高濃度5%配合!
・4種類の成長因子配合!
・業界トップクラス!選び抜かれた41成分配合!
・定期コースで毎月5,000円安くなる!
・60日間の全額返金保証付き

 

 

薄毛を治す方法@信頼できる育毛剤を選ぶ

 

食事療法やマッサージで薄毛が治るのであれば、こんなに悩んでいる人はいませんよね。わたしは最短で薄毛を治すために、育毛剤を使うことをおススメします。すでに薄毛になるメカニズムと、髪を増やすために必要な成分は解明されているので、間違った育毛剤を選ばなければ髪は生えます。育毛剤に必要な要素は以下の2点です。

 

◎AGAによる薄毛対策成分が配合されているか
◎ミノキシジル成分並みの発毛力があるか

 

AGAは薄毛の90%に関係がある病気で、思春期を迎えた男性であればだれでも発症します。ほとんどの人の薄毛が頭頂部とおでこの剃り込み部分に集中しているのはAGAが原因と言ってもいいでしょう。育毛剤には、このAGAに対抗できる成分が必要です。

 

そして薄毛治療にも使われるミノキシジル成分と同等の発毛力がなければ、育毛剤を使う意味がありません。いままではM−034成分が有名でしたが、いまはその3倍の発毛力があるキャピキシル成分が発見されました。

 

ミノキシジル3倍の効果!?キャピキシル成分とは?

 

キャピキシル成分は、アセチルテトラペプチド−3とアカツメクサから

取れたビオカニンAを配合されて作られた成分です。

 

簡単に説明すると、

 

アセチルテトラペプチド−3は、ミノキシジル3倍の効果が証明!
ビオカニンAは、AGAの原因になる酵素を強力に抑制!
※しかも副作用もありません。

 

つまりキャピキシル成分が配合されていれば、育毛剤に必要な条件が揃っていることになります。さらに上で紹介している2つの育毛剤は、高濃度5%が配合されているものを選んであります。どちらが良いとは言えませんが、なるべく購入費を安く抑えたい人はTHE SCALP 5.0Cがいいと思います。定期コースを選べば毎月5,000円OFFです。

 

薄毛を治す方法A洗髪は石鹸を使うべし

 

最初のころは頭皮に良いとされるアミノ酸系シャンプーを使っていましたが、育毛剤を買ってさらにアミノ酸系シャンプーを買うと正直金銭的に厳しかった・・・。

 

途中で固形石鹸で頭皮をマッサージしながら洗ってみたけど、これが意外に良い。使って1カ月するまでは頭皮も髪もパサパサになりますが、それを過ぎるといままであった頭の痒みやフケがなくなりました。

 

特に重要なのが、上がる時に頭皮に冷水をかけること!頭皮を冷やすことで肌が引きしまり、乾燥と雑菌の繁殖を防ぐ!

 

シャンプーやリンスが頭皮環境を悪化させてるとよく聞きますよね。頭皮環境が荒れている状態で育毛剤を使っても、肌の奥まで育毛成分を浸透させることはできません。ひどい場合、アレルギー反応を起こしてしまうことがあるので、十分に頭皮を健康な状態にしてから育毛剤を使いましょう。

 

薄毛を治す方法B3日に1度、30分の有酸素運動

 

髪を生やす上で、頭皮への血行促進は不可欠です。マッサージや育毛成分でも血量を増やすことはできます。しかしそれは一時的な話です。頭皮へ血液を常送り続けるためには、もともとの毛細血管の数を増やす必要があります。その方法が有酸素運動なのです。

 

研究では、3日に1度、軽くランニングを30分行うだけで毛細血管の数が30倍〜50倍になることが分かっています。(6カ月続けた場合)つまり毛細血管と毛乳頭をつなぐ数が30倍〜50倍になるということ。当然、毛細血管の数が増えれば髪に送られる栄養も増えます。

 

その結果、太くて抜けずらい髪に成長しますし、髪自体も早く伸びます。育毛剤と一緒に行うことで、効率良く育毛成分を吸収することが可能になるんです。

 

薄毛を治す方法Cサプリで亜鉛を摂取

 

忙しくでコンビニ弁当やカップラーメンだけで生活していては、髪に必要な栄養は摂れていないでしょう。本来ならバランスのとれた食事をすることが望ましいですが、時間のない人にとっては難しいと思います。

 

そんなときにはサプリメント使うのも1つの手です。マルチサプリであれば1日に必要なビタミン・ミネラルなどを手軽に摂取できます。マルチサプリが高いと思うのであれば、せめて亜鉛だけは摂取しましょう。

 

亜鉛はタンパク質の合成に重要ですが、それ以上にAGAの原因である酵素を抑制する働きがあります。育毛剤配合のキャピキシル成分で、まず外からAGAを抑制して、さらに亜鉛で体の中から防ぐことで高い効果を発揮することができます。

 

薄毛を治す方法D1時までに寝ること

 

すでに知っていると思いますが、10時〜2時の間に寝ることが一番成長ホルモンが分泌されると言われています。成長ホルモンが分泌されると毛乳頭の細胞分裂が活発に行われるので、髪の成長につながります。今回紹介した育毛剤の成分には「成長因子」が含まれています。

 

これは細胞分裂を強烈に早める成分で、もともとは再生治療で使われていたものです。この成長因子を頭皮から浸透させて、さらに睡眠による成長ホルモン増加によって髪を一気に増やすことができます。2時とは言わず、最低でも1時には寝るようにしましょう!

 

まとめ・・・

 

短期間で薄毛を治すには育毛剤は欠かせません。しかしいくら育毛剤と名前がついていても、一向に薄毛が改善されないのであれば使っている意味もありません。なるべく安い育毛剤を選びたい気持ちはわかりますが、目的は髪を増やすことです。育毛剤を使うことが目的ではないことを忘れないでください。

 

特許をとってるからと言って髪が生えるわけでもありませんし、成分が多く入っているから薄毛が治るわけでもありません。

 

今回はわたし自身で試して、公式ホームページにのっている情報をチェックした上で信頼できる育毛剤を紹介させてもらいました。いままで使っていた育毛剤はなんだったんだっと思わせる育毛剤です。ぜひ試してみてください。

すぐに育毛剤を使ったからと言って薄毛が治るわけではありません。特に10代〜30代前半の若い人で薄毛の人は自分自身で髪を生やす力が残っています。安易に育毛剤を使って髪を生やそうとすれば一生使い続けることになりかねません。若ハゲと言われている若者におススメしたい薄毛を治す方法としては生活習慣や食生活を見直しながらサプリメントで髪を生やしていくものです。若いのに髪が薄くなるには必ず原因があります。職場のストレスや睡眠不足、偏った食生活をしていることによって早い段階で髪を生やす機能が衰えてしまった可能性があります。また若ハゲに多いのがAGAによる薄毛!AGAは10代でも20代でも発症する薄毛の病気です。ホルモンのバランスが崩れていると男性ホルモンが変化し、薄毛を引き起こすホルモンに変化してしまいます。これは外から薄毛を治す育毛剤では短期的には改善するかもしれませんが、長期的に考えた場合、体の内側から治していかなければ根本的な解決にはならないのです。サプリメントで薄毛を治すといっても、普通のサプリでは意味がありません。いまは薄毛専用のサプリメントがあるので、このサプリと普段の生活で薄毛の原因となっているものを解消していくことが薄毛の治す上で一番の近道になるでしょう。